ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのデメリットをご紹介します。

  • スーパーで売っている市販のミネラルウォーターよりも高い場合がある。
  • 硬水という表示のウォーターサーバーのボトルの種類を購入すると粉ミルク用にできない
  • 日常的にミネラルウォーターを飲んでいないという家庭にとっては割高になってしまう。
  • ウォーターサーバーを設置するためのスペースが必要なので場所を取る。
  • 安さを求めているのであれば不向き。
  • 「硬水」という表示のあるウォーターサーバーのボトルを購入すると粉ミルク用として使用できない。
  • ウォーターサーバーのメンテナンスを定期的に行わないといけない。 (水が空気に触れることで菌が繁殖する可能性があるから)
  • ウォーターサーバーのメンテナンスを業者が行う場合、メンテナンス料が発生することもある。
  • まとめ買いをすることで安くなることもあるがボトルを置く場所で困ることもある。
  • 地震などでウォーターサーバー本体が倒れることで故障して水が出なくなるという可能性も。
  • ポットの使用をやめずにウォーターサーバーの電源を入れたままにしておくと電気代が増す。
  • チャイルドロック機能がついていないウォーターサーバーは小さい子供の手の届かない場所に置かないと危険。

ページの先頭へ