赤ちゃんのミルク調乳に適した水とは?

最近ではミルクと母乳を併用して育児をするお母さんが増えています。

ミルク作りの水はどのような水が向いているのでしょうか?

赤ちゃんに飲ませる水は「軟水」が一番適しているといわれています

ヨーロッパ系のミネラルウォーターなどに多い「硬水」塩分を多く含んでいるのでミルクの味を損なう上に、粉ミルクの栄養素が破壊されてしまうと言われています。

味が変わってしまい、赤ちゃんが飲まなくなってしまうことも多々あるそうです。

ウォーターサーバーで利用されている水のほとんどが軟水なので赤ちゃんのミルク作りに適しています

しかも、常時温水と冷水が使用出来るので調乳も簡単です。温水でミルクを溶かし、冷水を加え、飲める温度にまで調節ということが簡単に出来ます。

ただし、ウォーターサーバーの種類によっては、殺菌していないミネラルウォーターを使用しているメーカーも存在するので注意が必要です。